« 手拭甚平をつくりましょう!その4<紐  肩上げ> | トップページ | 藍の重ね染め »

綿ちぢみのお着物

今回も S・S様からお仕立て注文いただきました。

今回は小千谷綿ちぢみと夏帯のかがり名古屋帯。

綿ちぢみとは 経糸に普通撚りの綿糸、緯糸に強撚の綿糸を用いて織り上げ、

糊抜き、精錬をして布面にしぼを出した織物で、浴衣や盛夏用の着物として着られています。

5月後半~9月まで着られるお着物ですね。

Ca3c04830001

しゃり感があって、しぼの感じもいいですよね~。

Ca3c04820001

柄もアジアな雰囲気の更紗。蝶の柄ってデザインとしてはかなり好きです!

そして合わせるのはこちらのかがり名古屋帯。

たれの部分を3尺ほど折り返して2重にしてかがっています。

Ca3c04870001

6月~9月くらいまで締められますね。

Ca3c04850002_5

こちらのお着物と帯、らくやさんでご購入されたそうなのですが、石田節子さんが

S・S様を一目みて、あなたの好きな感じはこれとこれでしょ?と着物と帯を1点ずつ見せてくれたそうです。S・S様のお好みをぱっと見て感じ取る。さすがですね~。

S・S様はそういう直感でこれだ!と思われたものを迷わず購入される感性の方です!

いいなー、かっこいいな。

Ca3c04840001

|

« 手拭甚平をつくりましょう!その4<紐  肩上げ> | トップページ | 藍の重ね染め »

和裁・仕立てのお仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466752/46196662

この記事へのトラックバック一覧です: 綿ちぢみのお着物:

« 手拭甚平をつくりましょう!その4<紐  肩上げ> | トップページ | 藍の重ね染め »