« 明石ちぢみ | トップページ | 手拭甚平をつくりましょう!その2<衿> »

手拭甚平を作りましょう!その1 <身頃>

今回は手拭甚平の作り方を公開しちゃいます!!

企画は 野庵 です!!

http://a-yarn.tea-nifty.com/product/2012/05/post-80cb.html

美術作家の深堀隆介さん監修の注染上質長々尺(108㎝)手拭を使用します。

火造、星造、夜造、どの手拭でも美しい金魚が悠々と泳いでいます。こんなステキな手拭が

甚平になったらお子様も大喜びまちがいないでしょう!!(今回は上着のみなので下にパンツなどをはいていただいてもいいです。1歳~4歳くらいのお子様に着ていただけると思います)

では、早速いきますよ~

今回は夜造の手拭を使用しますね。

①金魚が左にくるように手拭を置きます。(金魚の絵は後ろ身頃になります)

(手拭の裏表は耳の部分をよくみてくださいね)

1

次に手拭の長尺の真半分まで、右(前身頃)部分をたてに半分に切ります。

そして真半分まで切ったら左右に5㎝ずつ、(合わせて10㎝)を切ります。

(お子様の体格に合わせて、4歳くらいの大きめのお子様なら左右に6㎝ずつ、合わせて12㎝)

②切るところをしるししました。

2

③切ります~

3_4

④裁断後こうなってます

4_2

⑤それから別布で衿、袖、紐部分を用意します。

今回使用したのはからし色(綿100%にこだわりました)ですが、お好みの色を選んでいただいていいと思います。

5

衿は15㎝巾×126㎝

袖は23㎝巾×42㎝ を2枚分(右袖、左袖)

紐は4㎝巾×38㎝ を4本 用意してください。

⑥身頃は中表に合わせて(裏を見て縫います) 端から1㎝のところを  下から7㎝のところから24㎝ほど縫います。(上(輪になってる方)から21㎝はあけておいてください)

縫う時は細かく、ミシンまたは半返し縫をするとよいでしょう。

(半返し縫い・・・一針すくって針を抜き、その針目の二分の一だけあとに戻し、また先をすくってもどします)

両側縫います。

6

⑦半返し縫い

7_3

8_2

9_2

⑩半返し縫いの手前からみた図

10

⑪半返し縫いの裏からみた図

Photo

⑫塗ったらきっちり開いてぴったり割っておきます(アイロン)

Photo_2


⑬表からみた感じ。

Photo_3


⑭裾は1センチ折り返し、そのまた半分を折りくけておきます。

Photo_4

⑮くけるときは糸の色を合わせるとよいでしょう!

Photo_5

次は衿つけです。(その2<衿>へ続く)

|

« 明石ちぢみ | トップページ | 手拭甚平をつくりましょう!その2<衿> »

特別な夏へ*手拭甚平」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466752/45610470

この記事へのトラックバック一覧です: 手拭甚平を作りましょう!その1 <身頃>:

« 明石ちぢみ | トップページ | 手拭甚平をつくりましょう!その2<衿> »