« 手拭甚平を作りましょう!その1 <身頃> | トップページ | 手拭甚平をつくりましょう!その3<袖> »

手拭甚平をつくりましょう!その2<衿>

衿の付け方です。

①まず最初に衿の片方の端を2㎝で折り、アイロンをして線をつけておきます。

Photo_6

②もう片方は衿の中心で7㎝巾(半分に折ると3.5㎝)、衿下で11㎝巾(半分に折ると5.5㎝)の巾になるようにアイロンをして線をつけておきます。

Photo_18
③写真は衿がついたものになっていますが、この折り線は衿をつける前につけても衿をつけた後でもいいです。

Photo_20

④衿の中心を身頃の中心に端から1㎝のところにまち針でとめます。

今、手前に衿裏がみえています。衿の表と身頃の表があわさっています。

Photo_7

⑤角のところは3mmのところにまち針でとめます。

(真ん中のまち針から左右1本目はゆるみなし、2本目の角のところは衿にすこーしゆるみを入れるといいです←カーブで布が少し取られる為)

↓裏からみると

Photo_8

⑥裾は端から1㎝のところにまち針でとめます。

衿は身頃よりも長くとびだしているはずです。

Photo_9

⑦衿を折り返してみるとこのくらい出てるはずです。

Photo_21

⑧衿の角のところに戻りますが3mmの布を補強するために力布というものをつけるとなお良いです。

力布 ↓ 3㎝×3㎝ほどの正方形の布を用意します。

Photo_10

⑨三角に折り

Photo_11

⑩ひねって銀杏形にしたところをすばやくアイロンで抑え角のところにまち針でとめます。

角に銀杏型の真ん中がくるように衿と力布で身頃をはさんでつけます。(写真⑭参照)

Photo_12

⑪角から裾までは布を机に置きながらつりあいをぴったりにしてまち針をします。

⑫肩山の輪になってる方を左に置き、右の裾のほうから縫っていきます。

Photo_13

縫う位置は2㎝の線をつけた2mm上を縫います。

⑬角のところ

Photo_70

⑭反対側からみるとこのような感じ(身頃にタックがはいらないように気をつけながら縫いましょう)

Photo_15

⑮カーブのところは表からみるとこんな感じについています。

Photo_16

⑯左の裾まで縫えましたらこんな感じで衿がついてます。

Photo_17

⑰次は衿先です。

一度、裾の縫いどまりの位置より5mm衿を飛びださせて折り、仕上がり線を手でつけておきます。

Photo_22

⑱それから開いて中表にし、(裏を見て縫います)縫いどまりの5mm上(線上)を縫います。

Photo_23

⑲まち針をうちました

Photo_24

⑳縫ったところ(折り返した布も一緒に縫います)

Photo_25

21   裾線位置で裏に折り返します

Photo_26

22  ひっくり返します。

Photo_27

23  反対側も同様に縫ったら、また右側からくけていきます。

Photo_28

24  これで身頃が出来上がりました!形になってきましたね~

Photo_29

次はお袖です!(その3<袖>へ続く)

|

« 手拭甚平を作りましょう!その1 <身頃> | トップページ | 手拭甚平をつくりましょう!その3<袖> »

特別な夏へ*手拭甚平」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1466752/45611409

この記事へのトラックバック一覧です: 手拭甚平をつくりましょう!その2<衿>:

« 手拭甚平を作りましょう!その1 <身頃> | トップページ | 手拭甚平をつくりましょう!その3<袖> »